日ごろから長時間寝なくては疲れがとれない・・・

二十代前半にはなかった疲れに悩まされています。

わたしは日頃から長い時間寝なければ疲れがとれない体質なのですが、二十代後半、28歳ぐらいから、寝ても寝ても次の朝に疲れが残り始めました。

朝方体がだるいことはもちろん、夕方四時以降ぐらいになるまで体が本調子ではない感覚になっています。

また、長時間同じ姿勢をとることから来る肩こりと、吐き気を伴う眼精疲労から来るズキンズキンと繰り返す偏頭痛がひどくなりました。

仕事柄パソコン仕事がほとんどなので、それが原因だと思います。

目を休ませようと早く寝るようにしてはいるのですが、なかなか寝付けず、寝付けないストレスからかえって体に疲れがたまってしまうという悪循環に陥っています。

平日にこのような疲れを常に感じていることもあってか、週末の週一回の休みはほとんどをうちで過ごしています。

予定を入れたりもしますが、翌日が休みになるとわかると血流が良くなるのかまた偏頭痛がひどくなります。

 

漢方薬やホットタオル、全身のマッサージ

まず繰り返す偏頭痛の改善策としては、市販のイブプロフェンが入っている頭痛薬を服用しています。

しかしながら、あまり薬には頼りたくないので、首回りをホットタオルや温湿布で温めたり、漢方薬を飲み始めました。

しつこい眼精疲労には、定期的に全身マッサージへ通うことで、悪化を防ごうとしています。

部分マッサージでは血流そのものがあまりよくならないため、全身マッサージが効果がありました。今後も継続しようと考えています。

不眠を伴う夜は、無理に早く寝ないようにしています。寝ようとすればするほど、プレッシャーで快眠から遠ざかるからです。

また、出来るだけ寝る前にスマートフォンを見ないようにしています。スマートフォン画面を見ると寝つきが悪くなると感じているからです。

そして、週末の偏頭痛防止のために、休み前の気持ちを徐々に切り替えるようにしています。

急に気分わ切り替えると、精神的にも負担がかかるので、あまりはしゃいでしまわないように気をつけています。

脳疲労にどのサプリがいいのかランキングをチェックしてみます。

 

常にだるく、やる気がない状態が続く毎日

常に体がだるい、やる気が出ない状態が続いていました。

特に肩から腕にかけてだるい感じが続いていました。

いろんな病院に行きましたが、原因はわかりませんでした。それほどひどい症状ではないので、「まぁ、こんなものか」「年齢的なものが原因か」などと思い、割と放置していました。

放置すればそれがデフォルトの状態になり、気にならなくなってはきます。

しかし、ふとした時に自分が最高のパフォーマンスを出せていないので、勿体無いと感じることもあります。

このように感じること自体がストレスになっていました。だるい、やる気が出ないことよりも勿体無いと感じるのが、よくない状態だと思いました。

だるい状態、やる気が出ない状態でボーっとすることもあり、時間が勿体無いし、仕事中にこのような状態になるのは迷惑ではあります。

仕事でミスを連発とかそう言うことはなかったですが、「これって、鬱の初期症状では?」と感じました。このまま放って置くのはなんかやばそうな気がしていました。

 

運動とコーチングでポジティブに!

あらゆる病院や、あらゆるサプリメントを試してみました。しかし、どれも効果はありませんでした。

いろんなことを試して行く中で、改善される場合があることに気づきました。それは運動とコーチングです。

ふと体を鍛えたいと思い、激しめの筋トレを始めました。

そうすると普段感じていた、常にだるい・やる気が出ないと言う感覚が薄くなり、活力に満ちた状態になりました。

体を鍛えることが目的ではありましたが、精神的にもポジティブになり、筋トレの効果がメンタルにも影響することに感動しました。

コーチングも良い効果がありました。

これも自身のだるさや倦怠感を解消しようと思って始めたものではなく、他人の成功をサポートしたいと思い、コーチングのセミナーに行ったことにより発見しました。

病院に行ったり、サプリをとったり、運動したり、コーチングセミナーに行ったり、あらゆることを試すのが良いと思います。

どんなことでどんな影響が出るかはわかりません。その人に合った方法があると思うので何にでも挑戦してみて、よかった方法を継続するのが改善方法です。

脳疲労のサプリランキングがあるので、参考にしながらサプリを選んでいます。

 

新しい環境に身をおくことで疲れがとれなくなった

新しい職場で働き始めたこともあり、慣れない環境からか毎日疲れが溜まり疲労感が抜けませんでした。仕事をしている時は集中力が持ちますが、休みの日は何かしていると途中でやめてしまうこともありました。

本を読むのが好きでしたが、読んでいても全然頭に内容が入ってこないことが多かったです。

次第に面倒になり、数分で読むのをやめてしまうこともありました。

酷い時は、休みの日に外に出かけたりすることも面倒になり、一日中ダラダラ過ごしていました。

特に平日仕事から帰ってくると、一気に疲労感が押し寄せて何もしたくい気持ちになってました。

夕飯を食べることも、家族と話をすることも嫌になることもありました。ちょっとしたことでもイライラしてました。

夜もなかなか寝付けないことも増え、朝になるのが異常に早い気がして、ちゃんと身体を休ませていない気がしました。

そのせいか、朝起きても怠かったり、疲れが抜けていないと感じることも多かったです。

 

休みの日は気分転換に出かけることでリフレッシュ

精神的な疲労の原因にはストレスが大きいと知り、休みの日は気分転換をすることにしました。

ドライブしたりショッピングが好きなので、家族や友人を誘って出かけるようにしました。最初は面倒だなと思いましたが、家でぼーっとしているよりいいかなと思うようにしました。

何週間か続けていくうちに、少し疲労感も軽減して元気になってきた気がします。

また、こまめに体を動かすようにしたり、きちんと食事をとるようにしました。今までは体を動かすことが嫌いで運動しなかったので、無理のない程度から始めました。

散歩をしたり少し走ってみたりもしました。体を動かしてからスッキリした気分になり、気持ちがいいなと感じるようになりました。

仕事中も時間を見つけて、軽くストレッチをしたり肩を回したりするようにしました。

食事も偏りがちだったので毎食きちんと食べるように気をつけました。

リフレッシュをしたり運動や食事を見直すことで、以前に比べて疲労感も改善されとても嬉しいです。

脳疲労に効くサプリのランキングを見て、サプリも試しています。

 

口呼吸による口臭や、眠りが浅いことが悩み

眠りにはつけるが、朝起きるとのどが痛い、そのときにうがいをすると膿栓(いわゆるのどにできる白い臭い玉のこと)が出てくることが多い。

そのため、口臭が心配になる。また、寝てるときにそれが鼻の奥にはいったりもして炎症が起き鼻が詰まって口呼吸になって、口の中が乾燥しより口臭が心配になる。

さらに、眠りが浅くのも悩み。ひどい時では、おおよそ眠りに着くとだいたい2時間程度で目が覚める、そのときは強い尿意で目が覚めてしまい、夜中にトイレに行くことが多々ある。

また、トイレ行った後に、また眠っても再び2時間程度で目が覚めてしまい、眠っておきてトイレに行って眠っておきてトイレに行くと言うサイクルを、朝まで続けることもある。

そのため、おきているときは常に眠く例えば、移動中の電車で眠ってしまうこと多いし、仕事中にあくびや眠気が常に続くこともある、コーヒーで眠気を覚まそうとしても、あまり効かず眠いままであったりするのが多々ある。

 

睡眠外来を受診してCPAPを使用

前述の眠れなさがあまりにも酷かった為、睡眠外来と言うのを受診した。

まずは検査と言うことで、測定器具をおおよそ1ヶ月つけて眠るということになった、その一ヶ月は特に治療がなく、器具をつけて眠ると言う日々をすごした。

一ヵ月後に受診を受け、データ解析を行った結果、睡眠時無呼吸症候群として診断されて、治療することになった。

なお、結果は無呼吸になる回数が一時間当たり4回以下が標準と言うはなしではあったが、私は時間当たり50回以上も無呼吸になっていて、即時の治療が必要と言われるほどの異常を持っていたわけである。

治療ではあるが、口にはめるだけのマウスピースを希望していたが、結果よりCPAP(シーパップ)とか言う機械を使うことになった。

このシーッパップという機械は鼻にマスクをして、そこから空気を送り込み、睡眠時無呼吸症候群特有の気道が詰まっているところをあけて呼吸ができるようにする機械である。

それを私は、毎日使うことで治療と言うことになっている、つまり経過観察の状況である。

この機械を使った場合、呼吸にかなりというかものすごく違和感ができる。ただ、寝たら朝まで起きることがなくなるため利用してよかったと思う。

夜間の頻尿も改善されようやくまともに眠れるぐらいにはなった
また、一時間あたりの無呼吸回数は1回ぐらいにとデータの上でも改善されている。

寝起きを良くするサプリがあるということで、サプリも試してみたいと思っている。

 

寝つきが悪い上に、途中で目が覚めてしまう

物心ついたころから寝付きが悪く、いざ寝ようと布団に入っても、2時間はうだうだごろごろしてるかと思います。

ひどい時は12時に布団に入ったのに朝方5時ぐらいまで寝れないこともあります。

特に昼寝をしていたり、寝すぎたりってこともないんですが、神経質なのか子供の頃から寝付きが悪くて困ってます。

携帯で漫画読んだり、ゲームしたり、快眠するためにはいけないとはわかってはいるのですが、携帯いじって文字を追いかけているほうが寝やすいような気がして習慣づいてたりしてます。

時々、疲れきって電池が切れたように、爆睡するときならすぐに寝れるんですけど、普通通りに生活しているとなかなか寝れません。

それなのに、寝付きが悪いのに体内時計のおかげか、目覚ましがなくてもほとんど同じ時間に起きてしまうので、思うように寝付けなかった日は睡眠不足で集中力が散漫してしまい、仕事などが辛かったです。

なんとか寝れたと思っても、疲労度が少ないと2,3時間で1度起きてしまうこともあります。

 

昼はしっかり動いて活動していると、夜は自然と眠くなる

色んな所で耳にするのが、日中に陽の光に浴びるといい、寝る前にお風呂に入らない、食事は22時までに食べる、足、下半身など体を冷やさない、などネットなどでいろいろ調べて実践していますが、私はそこまで大きな成果はまだ見受けられません。

ただ、昼間の明るい時間に活動していると気の持ちようかもしれませんが、夜は暗くなってきた時点で気持ちが移行するようになりました。

昼は動いて活動し、エレルギーの消化もしつつ、おひさまの光を浴びて光合成して、夜は暗くなったらお家でおとなしく、寝る準備をして、快眠に備える。現段階での私の解決法は生活リズムの調整です。

不眠の一番の原因は体内の生活リズムのズレだと考えるからです。それさえ改善できれば、もう少しぐらい寝付きが良くなるかもしれないと考えます。

サプリメントなどにも頼ってみようかと思うんですが、購入の手間と効果のほどがイマイチピンと来なくて、まだ試したことはありません。

サプリで寝起きを良くするようにしたいです。

 

寝つきがいいときと悪いときがあり悩んでいます

寝つきがいい時と悪い時があります。

仕事で疲れていても寝付けない時があり、眠るまでに2時間弱かかったりします。一旦寝ても三時間後程に起きてしまい、また寝付けない状況になります。

季節を問わず、寝つきが悪いのが悩みです。寒い日、暑い日などの温度状況によっても寝つき具合が変わってきます。

いつもは隣で主人が寝ているので主人が寝返りを打ったり起きるとつられて起きてしまいます。

どんなに仕事でヘトヘトに疲れていてよく寝れそう!と思っていてもいざベットに入ると眠りに入るまで時間がかかってしまいます。

考え事をしていたり眠れないからといってスマホをしたりしてると余計寝れない状況になります。

寝起きも悪く、アラームをかけていてもいつの間にか消していてスムーズ機能で起きたり、アラームで起きても起き上がったり目覚めるまでに時間がかかってしまいます。

やっと眠れたと思ったら起きる時間になるので、思いっきり眠ることができません。

 

寝る前のスマホはNG、お風呂からあがったら暖かくする

まずは寝る準備を整えるところから改善しようと思い、様々なことを調べて実践しました。

寝る1時間前にゆっくり湯船に浸かって体をあっためます。

それまではシャワーだったのですが、湯船に浸かると体が温まり寝つきがいいと聞いたので実践しています。

上がった後は冷めないようにしっかり着込んで、ホットミルクやホットココアなど温かい飲み物を飲んで体温を上げてからベットに入るようにしています。

また、寝る前スマホやめて、アロマキャンドルやお香を焚いてリラックスできるような環境作りをしました。

暗い中でスマホをすると脳が活性化して眠りを妨げるので寝る前にはスマホや調べ物をやめました。

今後は、寝具にもこだわっていきたいなぁと思っています。眠りは一生なので、枕やベット、布団などもこだわり自分に合ったものを使えばより良い睡眠になると思います。

いつでもリラックスしていい眠りができるようにベッド周りの環境作りや寝具にもこだわっていきたいです。

最悪な寝起きを良くするサプリで少し改善されたようです!

 

寝起きが悪くてなかなかおきられない

寝起きが悪くなかなか起きられません。

特に冬だと、寒くて布団から出られずアラームをかけていてもアラームを止めて再び寝てしまうことが多くあります。

さらに起こしてもらっても起きないこともあります。

1番直したいと思っていても直せないところは、寝起きはテンションが上がらずおはようと言われても返事をしないこともあるし、家族ならまだしも友達でも無視してしまうくらいです。

しばらくしたら普通にいつも通り話せますが、起きたばっかりだとやはり不機嫌さがすごく出ているし、せっかく声かけてくれても無視してしまうので、そこはすごく直したいところです。

毎回ではありませんが、夜寝付けないときもあります。

アルバイトをして疲れて帰ってきたのに眠かったはずなのにずっと布団の中で向きを変えて寝ようとしてみたり、目をつぶってもなかなか眠りにつけないことが多々あります。

本を読めばたいてい眠れますが、次の日いつも以上に寝起きが悪いのでそこは直したいです。

 

寝る前に本を読むことで早く寝付けます

寝起きが悪いのはまだ直せませんが。

夜寝付けないのは上で述べたように、本を読んだり、学校の授業で使っている教科書を読んだりするようにしています。

そうすると30分から1時間くらいで寝付けるようになります。

でもこれでもかなり時間かかってしまっているのでもっと布団に入ってすぐに眠れるようにお昼寝しないようにしたりとかで睡眠は夜とるようにしたいと思っています。

でもやっぱり眠い時は寝てしまうし、昼間でも、なので夜はすぐに寝付けるように布団を変えてみたりした方がいいのかなとも考え中です。

朝の寝付きの悪さは周りの人に迷惑をかけてしまうので直したいと思っています。

具体的にはおはようと言われておはようと返そうと思っていてもやっぱり返せないのでせめて、無視ではなくて返事くらいしようとうんくらいは言うようにしたり、調べてみてアラームの音は穏やかなのがいいとかあったのでチリリリリとうるさい音にらせずに朝気持ちのよい音にしています。

寝つきが良くなるサプリ?!そんなのあったんだ。。。

 

布団に入ってもしばらく眠れず、眠りに恐怖も感じる

寝ようと布団にはいるのが11時ごろなのですが、実際に眠りにつくのは2時過ぎです。

そのまま起きているのも苦痛で、スマホをいじって時間つぶしをしているのですが眠れないことに焦ってしまい、イライラしてしまいますね。

せっかく寝られても、ちょっとした物音で目が覚めてしまいます。別に命を狙われているわけじゃないから、グッスリ寝てもいいのにソレが出来ません。

熟睡したいのに、深い眠りに対して恐怖も感じてしまいます。

寝たいのに、寝て起きられないのが不安で、寝ない選択をしてしまう。朝はなかなか起きられません。

意識はあるのに体が動かない状況です。遠くから誰かの声が聞こえるけど、何も返事ができない。息をするのさえ、やっとの状態です。

よく寝るのも体力が必要と聞きますが、そのとおりです。ひどく疲れていて、さっさと楽になりたいのに、いつまでも苦しいまま。

起きていても辛いし、寝ても疲れてしまう。なるべく睡眠時間がとれる日は寝るようにしているのですが。

 

お風呂に入ってから眠ると気持ちよく眠れます

いまだに解決していません。正直に言って、もう諦めている状態です。

本当は寝たいけれど、眠れなくて悩むぐらいなら開き直ろうかな、と。睡眠時間が足りなくても命に別状はありませんからね。ただ、まともな判断が出来なくなるだけ。

お風呂にはいると、ものすごく眠たくなります。その時に寝ると気持ちいいですね。

入浴したあとは身も心も軽くなるので、寝ていても心地良く感じます。本来、睡眠って気持ちいいものなんですけどね。

睡眠に対する恐怖心をぬぐわない限り、不眠症は治らないのでしょう。寝る前に心の中で自分に言い聞かせています。これから気持ちいい事をするだけ。

今まで何回も繰り返してきたこと。なんにも怖い事なんて無いんだよ。

精神科で薬ももらっています。やはり夜中にスマホを見るのは良くないのかも知れませんね。

でも、天井を眺めていても退屈です。眠気を感じたら、ちょっと早い時間でも寝るようにする。無理して早起きしない。まずは睡眠時間を増やす事から始めます。

あと、サプリで寝つきが良くなるそうで、興味があります。

 

 

寝不足なのに眠れない!イライラする・・・

数年前から疲れている、寝不足なのにも関わらず眠れないことが多くあります。

睡眠をきちんと取らなければ翌日への影響も大きいのですがなかなか寝付けず、しまいにはベッドから起きだしてそのまま翌朝を迎え仕事に行くパターンも珍しくはありませんでした。

日々の悩みやストレス、環境のせいもあったと思います。家族のいびきがうるさくて余計に寝付くこともできず。

寝不足で1日過ごすと大体苛々してしまっているので些細なことにも怒ってしまい喧嘩になる…ということもあります。睡眠不足が大敵なのはよく分かっているのですがすんなり寝付くことがなかなかできないので困っていました。

また、眠りにつけても途中で目覚めて二度寝しようにもできず結局寝不足になってしまったということもよくあります。

普段から結構な頻度で夢を見るので眠りが浅いのかなとは思っているのですが、悪夢で目が覚めてしまうというパターンもたまにあります。

眠りについて朝起きる、という時も毎日目覚ましをセットしているため起きれるのは起きれるのですが(休みの日は大体起きれない)あまり眠れていなかった場合寝起きも良くなく体が重ければ機嫌も悪いので普段なら気にしないようなちょっとしたことをされた又は言われただけで家族に当たってしまうこともあります。

多少睡眠不足でも寝起きが良ければ朝から問題なくしっかり動けるのになあと思いますがなかなかそうはいきません。

 

引っ越して心機一転ですべてスッキリ!薬にも少しずつ頼らなくなりました

以前は不眠症と診断され、病院から数種類薬を処方してもらっていました。薬を飲めば無事にすっと眠れるのですが遅寝早起きせざるを得ない場合、次の日がとてもきつい。

まだ薬が残っているようで体調が優れない状況で1日過ごすのはしんどいものがありました。

しかし入眠剤を飲み続けているとだんだん効かなくなり、強いものに変えてもらったり数を増やしてもらったりするようになりました。これではいけないと思っていましたが、離れられませんでした。

しかし環境が良い方向に変わったので心機一転、引っ越して寝具も買い直し、いびきともおさらば。これだけでかなり変わりました。

寝る前にはアロマを焚いて、スマホやタバコ、カフェイン摂取を極力控えるようにもしています。ネットで見つけた寝付けない時の呼吸法も効果がありました。

薬にも徐々に頼ることが減り、今は眠くなる作用のあるアレルギー薬(もともとアレルギー持ちなので)だけで大丈夫です。

ただ寝起きが悪いのはたいして変わらないので、今後色々調べて試してみて解決法を見つけていこうと思います。

睡眠の質も以前に比べて良くなったし、寝不足の頻度も減ったので寝付くのに苦労することがさほど無くなったのはとても大きいことだと思っています。

また、サプリを服用すると寝つきが良くなるということで、検討しています。

 

いざ布団に入ると目が覚めてしまう・・・

私はとにかく寝つきが悪くて悩んでいます。

具体的には、眠る前にリビングに居てテレビを観たり何かをしているときには眠いなと感じるのですが、いざ布団に入って眠るぞ、となると途端に目が冴えてしまいます。

また、夜中に目がさめることも多いです。特に他人が隣で寝ていると必ずと言っていいほど夜中の2時や3時に目が覚めてしまいます。

いびきをかいている人が隣で寝て居たら目が覚めてしまうともう眠れなくなってしまいとても困ります。

もう1つは、寝起きがとても悪いことが悩みです。

寝起きが悪いと言うと頑張って起きたらいいじゃないかと思われるかもしれませんが、本当におかしいくらい寝起きは全てのやる気が失われてしまっておりつらいです。

ただやる気がないだけでなく実際に学校などをサボってしまうことが多いのでこれは社会に出ることになったらかなりまずいのではないかと思っています。

寝る前にストレッチなどをしてみてもなかなか治る気配がありません。

 

ストレッチをして少し楽に寝られるようになりました

寝つきが悪いという問題に対しては、寝る前にストレッチをしたり昼間に運動しておくことで身体をある程度疲れさせておくと少しは楽に寝られるということを発見しました。

夜中に目が覚めてしまうときは大抵ストレスをかかえているときであることが多いので、できるだけストレスをかかえないようにしようと思っています。

しかし、どうしてもつらい時は心療内科に行って少しでも心の不安を和らげることで夜中に目覚めてしまう症状も少しは回復するのではないかと思っています。

また、朝の寝起きの悪さについては、睡眠時間が足りていれば少しはましになるので、どうしても外せない用事がある日は前日の夜にできるだけ早く寝て睡眠時間を出来る限りたくさん確保するようにしています。

毎日最低でも8時間は寝るようにしています。

しかし社会人になれば毎日8時間寝ると言うのはむずかしいので睡眠の質をできるだけ高めて短時間で効率よく睡眠を取ることができるようにしようと思います。

また、午後の眠気が酷いのでサプリランキングも参考にしようと思います。