学生時代から慢性的な冷え性があり、疲労がとれない

学生時代より慢性的な冷え性を持っておりましたので、肩凝りや腰痛が酷くなるとなかなか治らず、悩まされておりました。

以前は体力や根気がいる仕事をしておりましたので、徐々に溜まっていく疲労を感じながらも、という状況でした。

最近はこの痛みも慣れてきて湯たんぽ等を使用し暖めたりして改善を図っております。

また、現在は映像関係の仕事に携わっておりますので毎週長時間にわたりPCで映像を見て作業をしております。

視力的には問題がないのですが、やはり目の付近が「疲れているな、」と感じることも多く、座っているだけなのに疲労感がすごい、なんて週もあります。

現代病かもしれませんが、スマートフォンを使用することも日常的なものになっておりますのでそれも相まっているのかもしれません。

ギュッと瞼を閉じると一時的ですが疲労がスッキリするなんてこともあり回復してるとは思えませんがホットアイマスクを使用したりし、できるだけ寝る前の数十分は目を休ませたりしております。

 

身体をあたためたり整体を利用している

上記にも書かせていただきましたが、肩凝りや腰痛は冷え性ということもあり、湯たんぽやカイロを使って暖めたりしております。

後は、「湯船になるべく浸かるのも良い」とネットの受け売りを信じ、いつもはシャワーばかりでしたが週に何回かは湯船に浸かって、ゆっくりお風呂に入るようにしております。

最近は忙しくて行けておりませんが、自宅の近くの整体を利用し、なるべく凝りをほぐすように心がけております。

また、目の疲れは人生において初めての経験だったのでこちらもネットで検索したりして色々調べたりしました。

やはり目をしっかり閉じホットアイマスクを使用したりしてゆっくり暖めたりすることが大事だと思っております。そしてやはりなるべくなら暗闇でのスマートフォンを控えたい……とは思っております。

こういう疲れは気持ち的な面でもあるのか?と思い、温泉旅行をしたい!と心の中では思っております。たまには羽を伸ばしてゆっくりしてみたいものです。

スポーツ後の疲労回復をサプリでサポート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です