仕事から子どもたちの抱っこやおんぶで肩こりが酷い

私が肩こりをするようになったのは、就職してからだと思います。(それ以前にも肩こりがあったのかもしれませんが、その当時は気がついていませんでした)

私は、保育士として働き始め、入園当初~GW明けの子どもたちが保育園に慣れるまでは子どもをだっこしたり、おんぶをすることが非常に多くなります。

1日中おんぶをしているとやはり肩がこりはじめ、自分で肩を触っただけでも、痛みを感じたり、張りを感じることが多くなりました。

保育士の仕事を続けていると肩こりがなくなることはなく、その他の場面でも良く肩こりと感じることが多くなったように感じます。

例えば、ショルダーバックを同じ肩にばかり掛けていると夕方~夜になると痛みを感じ始めたりすることも多くなり、今ではショルダーバックを使うときは左右の肩に交互に掛けるようになりました。

また、ネックレスのアクセサリーでも少し重めのものだと長時間かけているとだんだん肩が重くなることもありました。慢性的な肩こりになってしまいました。

 

シップを貼ったり接骨院に行ったり、マッサージをしたりしています

肩こりが凝ったり、痛みや張りがあるときには、お風呂あがりや就寝前に湿布を貼っています。

軽いものであれば、翌日には解消されていることがほとんどなのですが、連日、肩こりが続いたり、いつもよりも体がキツイと感じる時は、いきつけの接骨院に行っています。

その時の状態を診て下さった上で、肩を温めてから電気をしてもらったり、状態によっては鍼をしてもらうこともありました。

定期的に接骨院に通うことで、肩こりも少し改善するようになりました。

慢性的な肩こりと自覚するようになってからは、少しでも肩こりが軽減したらいいな・・という思いから、普段、気がついた時や職場でも時間があるときなどは意識をして、肩を回したり、肩甲骨を動かすような動作をしています。

また、家族にマッサージをしてもらうこともあります。

その他としては、上記でも記述しましたが、ショルダーバックなど肩に負担を掛けるものは片側だけにならないよう左右交互にかけるなどしたり、アクセサリーも軽めのものを選ぶようになりました。

50肩にはサプリメントが効くかもしれないということで、サプリもしっかりチェックしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です