寝つきが悪い上に、途中で目が覚めてしまう

物心ついたころから寝付きが悪く、いざ寝ようと布団に入っても、2時間はうだうだごろごろしてるかと思います。

ひどい時は12時に布団に入ったのに朝方5時ぐらいまで寝れないこともあります。

特に昼寝をしていたり、寝すぎたりってこともないんですが、神経質なのか子供の頃から寝付きが悪くて困ってます。

携帯で漫画読んだり、ゲームしたり、快眠するためにはいけないとはわかってはいるのですが、携帯いじって文字を追いかけているほうが寝やすいような気がして習慣づいてたりしてます。

時々、疲れきって電池が切れたように、爆睡するときならすぐに寝れるんですけど、普通通りに生活しているとなかなか寝れません。

それなのに、寝付きが悪いのに体内時計のおかげか、目覚ましがなくてもほとんど同じ時間に起きてしまうので、思うように寝付けなかった日は睡眠不足で集中力が散漫してしまい、仕事などが辛かったです。

なんとか寝れたと思っても、疲労度が少ないと2,3時間で1度起きてしまうこともあります。

 

昼はしっかり動いて活動していると、夜は自然と眠くなる

色んな所で耳にするのが、日中に陽の光に浴びるといい、寝る前にお風呂に入らない、食事は22時までに食べる、足、下半身など体を冷やさない、などネットなどでいろいろ調べて実践していますが、私はそこまで大きな成果はまだ見受けられません。

ただ、昼間の明るい時間に活動していると気の持ちようかもしれませんが、夜は暗くなってきた時点で気持ちが移行するようになりました。

昼は動いて活動し、エレルギーの消化もしつつ、おひさまの光を浴びて光合成して、夜は暗くなったらお家でおとなしく、寝る準備をして、快眠に備える。現段階での私の解決法は生活リズムの調整です。

不眠の一番の原因は体内の生活リズムのズレだと考えるからです。それさえ改善できれば、もう少しぐらい寝付きが良くなるかもしれないと考えます。

サプリメントなどにも頼ってみようかと思うんですが、購入の手間と効果のほどがイマイチピンと来なくて、まだ試したことはありません。

サプリで寝起きを良くするようにしたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です